Pick-Up! アフリカ運営メンバーの一人です!主に、物流と貿易・環境と気候変動などなどを担当させていただきます!

記事リンク:

https://www.icrisat.org/icrisat-awarded-2021-africa-food-prize/

本文:

本日は、アフリカで食料不足を解決するために行われたプロジェクトについて紹介します。このプロジェクトを主導した機関がAfrica Food Prizeを受賞したことについて、ピックアップした記事では書かれています。

現在、アフリカ経済は農業などの第一次産業に依存しています。農業が国のGDPシェアの20%以上占めている国が 30カ国にも上り、また、人口の約6~7割が農村に住んでいます。そのため、降雨の減少といった気候変動の影響を受けやすく、飢餓や貧困の問題を深刻にしています。気候変動や環境劣化によって、今後、アフリカでの農業生産は減少すると予想されています。

そのような農業の現状を改善すべく動いている人物や機関に対し、Africa Food Prizeで賞し、この賞の受賞者には10万ドルの賞金が送られます。特にアフリカ人々全員に食料安全保障とビジネスチャンスの新時代を作り出すために、大陸全体に普及できる大胆なイニシアチブや技術革新などに貢献した人・団体がこれまで受賞してきました。

2021年のAfrica Food Prizeでは、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)がこの賞を与えられました。この研究所は、サブサハラアフリカの中の13の国において、食料安全保障を改善したとして表彰されました。

国際半乾燥熱帯作物研究所は、アジアやサブサハラアフリカ地域において、農業の発展のために、研究を行っている非営利団体です。半乾燥地帯や乾燥地帯の貧しい人々が、農業を通して貧困や飢餓、気候劣化を乗り越えられるよう協力しています。

2007年から2019年にかけて、国際半乾燥熱帯作物研究所はTropical Legumes Projectというプロジェクトを行うために、国際熱帯農業センター(CIAT)と国際熱帯農業研究所(IITA)を協力させるよう主導しました。このプロジェクトにより、266種類の改良されたマメ科の種と約50万トンの種が開発されました。マメの種類としては、ひよこ豆やインゲン豆、落花生、大豆など、広く様々な種類に及びます。

これらのマメ科植物の開発により、2500万以上の小規模農家が気候変動や害虫、病気などを耐えられるようになりました。また、小規模農家の収入が32.35%上昇し、6.72%の世帯が貧困から抜け出し、14%が食料不足から抜け出した、とされています。

また、新しい品種の開発により、大陸の研究機関で働く52人もの科学者を育てることに成功しました。新たな世代の科学者を実際にプロジェクトが行われている国で育成することにより、アフリカでの農業を研究するシステムが強化され、プロジェクトで得た功績を維持することにつながるそうです。

Africa Food Prize Committeの会長で元ナイジェリアの大統領であるオルシェグン・オバサンジョ氏は、国際半乾燥熱帯作物研究所が他の農業機関に種の開発や適切な農業規範を考え直させ、アフリカの農業における課題を解決するよう掻き立てている、と述べています。

乾燥地域はアフリカの土地の45%をも占め、5億人ほどの人々がその地域で食料を供給しています。しかし、不安定で気候変動や環境劣化から影響を受けやすくなっています。

そこで、Tropical Legumes projectsのような取り組みによって乾燥地域の小規模農家がより多くの作物を育て、気候変動に耐えられるようになるとのことです。このプロジェクトはブルキナ・ファソ、ガーナ、マリ、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、エチオピア、ケニア、マラウイ、モザンビーク、タンザニア、ウガンダ、ジンバブエで行われています。

2005年から行われているAfrica Food Prizeでは、以前にもさまざまな受賞者がいます。2015年まではYara Prizeと呼ばれ、約20人もの受賞者がいます。例えば、2017年にササカワ・アフリカ財団(SAA)会長のルース・オニアンゴ教授が受賞されました。彼女はAfrican Journal of Food、Agriculture、Nutrition and Development(AJFAND)を設立したことで受賞されました。

ほかの受賞者は、Africa Food Prizeのホームページに一覧で載っています。

このようなアフリカにおける農業の発展は今後も続いていくでしょう。

これからの展開を楽しみにしたいと思います。

関連・参考記事:

1.アフリカ農業バリューチェーンへの投資例〔其の1〕【Pick-Up! アフリカ Vol. 156:2021年4月23日配信】 –Link

2.アフリカ農業バリューチェーンへの投資例〔其の1〕【Pick-Up! アフリカ Vol. 156:2021年4月23日配信】-Link

3.Africa Food Prize-Link

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。

コメントを残す