Twitter: @samuelima18

この度、WiredIn Ltd., 代表、アレン・カジャングェが2018年5月7日から10日にかけてルワンダはキガリで開催されます、トランスフォーム・アフリカ・サミット2018(Transform Africa Summit 2018、以下TAS)の『デジタルスキルと仕事– デジタル社会の構築のためのデジタル労働力の育成・形成–(Digital Skills & Jobs: Building a digital workforce for a digital society)』と題されたセッションに登壇者として参加することになりました。このセッションは2018年5月9日の12時から午後1時にキガリコンベンションセンター(Kigali Convention Centre)のメイン会場で開催予定です。

 

第4回目を数える今回のTASは、ルワンダ共和国のポール・カガメ大統領の指揮のもと、『アフリカを単一のデジタルマーケットとして位置付ける』をテーマとして開催され、アフリカでのIT、ICT、そしてイノベーションなど、ITに関する事柄が話し合われる場として、そして現在急速に発展しているアフリカのデジタル革命をさらに加速させると同時に持続可能なものとするための取り組みなども話し合われるアフリカのみならず、世界各国からも注目を集める国際会議です。

TASへの参加者数は年々増加傾向にあり、今年は約4000人近い参加者を予測され、アフリカ各国の首脳のみならず、世界中から政府や民間企業、そして国際団体などの指導者ら、

 

TASの開催中には様々なセッションが催され、起業家(アントレプレナー)が自らの事業計画やビジネスモデルを投資家らにプレゼンするセッションなどもあり、話題が盛りだくさんのイベントです。

 

イベントの詳細はトランスフォーム・アフリカ・サミット2018(Transform Africa Summit 2018)公式ホームページ(Link)をご確認ください。

コメントを残す