日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!

取り残された多くの人々を保護する:アフリカの社会保障政策

Protecting the many left behind: social security policies in Africa

記事リンク:https://www.openglobalrights.org/protecting-the-many-left-behind-social-security-policies-in-africa/ 

内容と背景:

本日はコロナ禍のアフリカに焦点を当てて、誰一人取り残さないとするアフリカの社会保障政策について取り上げた記事をご紹介します。
本日の記事の出典はOpening Global Rightsという人権についての記事を専門に取り扱っているメディアからピックアップしました。

コロナ禍において世界経済は大きな影響を受けました。その中でアフリカの社会保障システムは同様に大きな変化があり、アフリカの多くの国では資金を必要としている人々への現金送金の導入を開始しました。

現段階ではその資金は主に、国際機関や国際金融機関によって賄われているということですが、支援の継続を必要とする上で、今後数年の間にアフリカ各国の政府がそれぞれ対処していかなければならないであろうということが示されています。

そこで、この記事ではサブサハラアフリカ地域最大の経済国として、ナイジェリアの行っている社会保障政策のベストプラクティスについて取り上げています。
ナイジェリアでは2016年に UNICEFと世界銀行の支援を受けて、社会保障制度の国家戦略を樹立しました。その国家戦略では「ヘルスアシスタンス」と「条件付き現金給付」の2本柱で構成されていました。

その後、コロナ禍の煽りを受け、首都ラゴスなどでは、近隣諸国との貿易機会が少なくなりました。その結果として、生じている食糧不足の拡大を補うための措置として、地元の食糧援助の分配も新たに社会保障のコンテンツとして追加されたということです。

その他、企業や非政府組織に対しては、CSR(企業の社会的責任)戦略に着手し、政府とコロナウイルスとの戦いにおける政府の努力を強化するために民間部門からも積極的に寄付という形での資金調達を加速させました。その結果、ナイジェリアのカトリック教会は国内425の病院すべてに寄付を行い、その他人工呼吸器から手袋などの医療用具まで、さまざまな医療施設に対して寄付を行ったということが書かれています。

このように、民間企業が行うCSRへの期待や社会における企業の役割への影響は今後も続く可能性が高いと示されています。

今回言及されているケースでは、アフリカの多くの国々が「現金給付」という形でコロナ禍の社会保障の対策を講じているということが書かれていました。その要因としては、「失業保険」のようなその他の社会保障制度が整っていないために、今回のケースのように失業者が相次いだ状況では、それらの人々を単独で救済する方法がないというためであると示されています。

関連記事(3)によると実際にアフリカの国々の中で、失業保険ついて具体的な施策をとっている国はカーボベルテ、モーリシャス、南アフリカの3か国のみであると示されています。全世界で見ても5分の3以上の国が失業保険を設けていないということが述べられていて、その多くは低所得国であると言われ、実施するための財源の不足が問題であると言及されています。

また、低所得国で生活する多くの労働者は非公式な場面で多く雇われているということから、仮に失業保険の制度があったにせよ、享受できる労働者の比率は非常に低い数字が出ています。

出典:World Bank Blogs It’s time to expand unemployment protections

このように数ある社会保障のカテゴリを労働場面にフォーカスして見てみると、その国に失業保険等の制度があるかどうかということと、必要としている人達がその制度を享受できるのかということに着目する必要があるということが理解できます。

今回の新型コロナウイルスのパンデミックの影響は誰にも予測ができなかったこともあり、社会保障政策はどの国でも急務として対応が迫られていました。

まずは必要としている人々に早急に支援の手を差し伸べるために現金給付は必要不可欠だったということが理解できます。

また、脆弱な立場にある人々に必要な支援を届けるためにも、既存の社会保障システムの見直しや拡大が必要であると感じました。前述したナイジェリアのベストプラクティスの例では、2020年に、現金移転要素が大幅に拡大され、世帯カバレッジが33%増加するなど、貧困グループのカバー率が上昇したと示されていました。

ポストコロナ時代にアフリカの国々の社会保障制度はどのように変革していくのでしょうか。

引き続き情報を得ていきたいと思います。

関連・参考記事:

  1. Nigerian budgetary response to the COVID-19 pandemic and its shrinking fiscal space: financial sustainability, employment, social inequality and business implications – Link
  2. The Status of Unemployment Insurance Policies in Africa – Link
  3. It’s time to expand unemployment protections – Link
  4. ルワンダ大統領、グローバル社会保障基金について語る【Pick-Up! アフリカ Vol. 92:2021年1月28日配信】- Link
ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す