日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一員。面白記事では主にロジスティクスやサプライチェーン、また農業分野などを担当させていただきます。

みなさま、こんばんは!

本日は東アフリカからeコマースに関連した最新の話題として、ルワンダのフェムテック(Femtech)スタートアップKashaがスウェーデンの開発金融機関Swedfundから100万ドルもの資金調達に成功したというニュースをお伝えしています。

実は今回の資金調達は、以前こちらの投稿でも紹介させていただいた今年2月と9月の資金調達に続く3回目のものであり、同社はシリーズAラウンドにて合計300万ドルもの資金を確保したことになります。

ぜひ関連記事に載せました以前の投稿と合わせてお読みください!


**********

記事:「ルワンダのフェムテックスタートアップKashaが100万ドルもの追加の資金調達に成功」

「Rwandan Femtech start-up scoops $1 million financing」

記事リンク:https://www.newtimes.co.rw/news/rwandan-femtech-start-scoops-1-million-financing

内容と背景:

本日は東アフリカからeコマースに関連した最新の話題をお伝えいたします。

この度、女性向け小売店サービスを提供するルワンダのフェムテック(Femtech)スタートアップKashaが、スウェーデンの開発金融機関Swedfundから100万ドルもの資金調達に成功しました。実は今年9月の投稿でも紹介しているのですが、同社は今年2月にフィンランドの開発金融機関Finnfundから100万ドル、また9月には米国国際開発金融公社(DFC)からさらに100万ドルを調達しており、そして今回のSwedfundからの資金調達により、同社はシリーズAラウンドにて合計300万ドルもの資金を確保したことになります。

Kashaは高品質な健康、衛生、セルフケア製品への女性のアクセスを改善することを目指し、独自のeコマースプラットフォームを通じて、月経ケア製品、避妊薬、また医薬品などを販売しています。さらに、同社は革新的なマルチチャネルプラットフォームを介して、Webサイト、モバイルアプリ、SMSショートコード、また電話を通じたオンラインとオフライン両方での商品の注文を可能にしています。

今回共有させていただいている記事によれば、同社は2016年に女性起業家らにより創設されて以来、ルワンダ、また昨年よりケニアにて55,000人以上もの顧客にサービスを提供しており、そのうち65%は都市部と農村部で暮らす低所得者であるようです。また、60万個近く販売してきた製品のうち、275,000個以上が健康製品であるとのデータも紹介されています。今回のSwedfundからの追加の資金調達により、同社は今後プラットフォームの改善、さらにはルワンダとケニア以外のアフリカ諸国への事業拡大に取り組むことができるようになるのではないでしょうか。

アフリカ諸国では未だ、「性と生殖に関する健康」に対する社会的レッテルが強く存在し、多くの女性は自身の健康を維持するための正確な情報や信頼出来る製品にアクセスできずにいます。SwedfundのCEOであるMaria Hakansson氏も、今回の投資には「性と生殖に関する健康」の権利を強化し、差別や偏見に取り組みながら女性の自由を促進する狙いが込められていると述べています。

上述したデータから、Kashaは顧客からみて信頼できる健康製品へのアクセスを実現できており、低所得者層へのアプローチにも成功していると考えられます。しばしば、先進国の技術を途上国でのビジネスに応用する際、現地のニーズや社会環境にうまく適応、また横展開させることが成功の鍵になると言われますが、シリコンバレー出身のJoanna Bichsel氏により創設されたKashaの事業の成功の裏には、現地の正確なニーズの把握や信頼出来るパートナーとの強力な連携体制が存在するのではないかと考えられます。今後、同社がさらにルワンダとケニア以外のアフリカ諸国でも事業を拡大していくことができるのか、注目したいところです。

関連記事には、今年9月に同社が実施した資金調達に関してお伝えした以前の投稿、またアフリカでのeコマース分野に関する話題を扱った以前の投稿を載せていますので、ぜひ合わせてお読みください。

関連記事:

  1. 「ケニアのCopiaとルワンダのKashaがDFCより資金調達に成功(面白記事 v.141)」Link
  2. 「アフリカ諸国の対外貿易およびeコマースセクターに関する話題(面白記事 Vol. 144)」Link
  3. 「eコマースセクターとネット接続向上に関する最新の話題(面白記事 Vol. 135)」Link
  4. 「MTNルワンダが新たなモバイルAPIを発表する見通し!(Pick-Up! アフリカ Vol. 5)」Link
ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。

コメントを残す