水曜日→「テクノロジー」、「イノベーション」、「スタートアップ」。 土曜日→「ビジネス環境」、「地域経済」。 それぞれを取り巻く環境に関連する記事を担当。 Twitter: @samuelima18

お待たせしました!

6月下旬あたりから準備にかかり、11月中旬に行った実際のルワンダ・タンザニアへのビジネスミッションから戻ってきて早1ヶ月。

とてもインテンスだったミッションの振り返りをここでしたいと思います。

 

-•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–•–

 

11月8日(木)

 

キガリに向けて出発する日。

一応現地集合現地解散のため、人によっては羽田空港から、あるいは成田空港から出発する人も。

ただ、ほとんどはカタール航空利用のため、9日の早朝にはカタール航空で合流するのです。

 

成田発の飛行機も、羽田発の飛行機も22時20分、23時50分発と遅い時間なので、多分ほとんどの参加者は昼間の時間を使って仕事をしていたのではないかと予想します。

 

カタールへの到着
(朝方に到着しますので、綺麗な旭を見ることができます。)

 

カタールからの出発

 

エンテベ空港への着陸(10月事前準備のための訪問時の際の映像も含まれていますが、雰囲気をどうぞ!)

 

エンテベ出発(10月事前準備のための訪問時の際の映像も含まれていますが、雰囲気をどうぞ!)

 

約1時間半のトランジットを経て、ルワンダのキガリ空港に向けて出発します。

(毎回同じように、もちろん一度エンテベ(ウガンダ)で1時間飛行機の中で缶詰状態で待たされますが)

 

そして約22時間かけてキガリに到着。

 

キガリ到着(10月事前準備のための訪問時の際の映像も含まれていますが、雰囲気をどうぞ!)

 

そうそう、今まで羽田空港発の飛行機は0時1分のがあり、同じ日付のうちにキガリに到着するなぜか得した感を感じてしまうようなスケジュールで飛ぶ飛行機があったのですが、11月から(?)23時50分に時間変更されたので、日をまたいでしまうようになり、得した感はどこかへと行ってしまいました。

 

それはともあれ、皆さん今度から航空券自分で取られる方、お気をつけください。

 

さて、11月9日午後3時くらいにキガリ空港に到着し、皆さんでホテルへ。

11月12日(月)から3日間くらいで『International Conference on Family Planning 2018』(LINK)という結構大きな国際会議が行われていたこともあり、ホテルの確保が難しいということもあり、今回の変更に至りました。

 

でもThe Country Inn Hotel(トリップアドバイザー:リンク)も結構良かったです。

ガチュリロという少し中心部から離れたところにあり、構造は少しシェ・ランド・ホテルにも似ています。そして静かなので時間の進み方も少し遅い感じがして、リラックスできます。

 

チェックイン(この日は参加者全20名のうち14名がキガリ入り)

MTNでSIMカード購入

カザナ

 

夜中に女性が一人で歩いても安全と言われる所以を実際に体験する意味も込めて、10数分くらいかけて歩いてカザナ(キガリ市内に複数支店を持つ本格派インド料理です。トリップアドバイザーでも大人気)へ。

残念ながらこの時の写真はありませんが、また次回行った時には!

 

 

その後はホテルに戻って就寝。

 

コメントを残す