日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!


ILOとAUは、アフリカでのパートナーシップを強化するために、児童労働撲滅のための国際年を開始

ILO and AU launch International Year for the Elimination of Child Labour for greater partnerships in Africa

記事リンク:

https://www.einnews.com/pr_news/538104574/ilo-and-au-launch-international-year-for-the-elimination-of-child-labour-for-greater-partnerships-in-africa

内容と背景:

本日は児童労働に関して、国際労働機関(ILO)とアフリカ連合(AU)のパートナーシップについて書かれた記事をピックアップしました。

児童労働に関するトピックは鉱山や農村地域などあらゆる場所で大きな問題となっています。以前ご紹介したこちらの記事(児童労働:ビジネスと人権〜コンゴ民主共和国の鉱山の課題【Pick-Up! アフリカ Vol. 10 (投稿:2020年10月15日)】)では、コンゴのコバルト鉱山児童労働について問題視した記事をご紹介しました。

コバルト鉱山での児童労働について対処するために、BMWやフォルクスワーゲン社などが協同し、Cobalt Action Partnership(コバルトアクションパートナーシップ)を樹立し、業界全体の人権基準と指標、およびそれらの基準を実装してコンプライアンスを評価するシステムを構築しています。

このようにCobalt Action Partnershipでは、企業同士がパートナーシップを組み、児童労働撲滅に向けて対処している事例でしたが、本日ピックアップした記事は国際社会を巻き込み、ILOとAUで行うパートナーシップとなっています。

アフリカ連合(AU)は、国際労働機関(ILO)と協力して、オンラインイベントを通してアフリカの児童労働撲滅のための国際年(アフリカの児童労働撲滅のための国際年(International Year for the Elimination of Child Labour in Africa)を開始しました。このイベントには、アフリカの労働社会保障を担当する大臣、地域経済委員会の代表者、AU委員会などの大陸機関、および全アフリカ議会が集まりました。

また、ドナーコミュニティのメンバーからは、アフリカ全土での複数の介入と、2021年以降の予測と誓約を発表されました。これには、EUが資金提供する「マリとブルキナファソのクリアコットンプロジェクト」や、オランダ外務省が資金提供する「アフリカのサプライチェーンにおける児童労働撲滅のための加速アクション(アクセルアフリカ)」などのILOのプロジェクトが含まれます。

他にも、JICA(日本国際協力機構)の代表は、ガーナでの児童労働プロジェクトと、西アフリカのカカオサプライチェーンにおける児童労働撲滅のためのイニシアチブを発表しました。

この記事によると、2016年当時はアフリカの子どもたちの5人に1人が働いており、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、より多くの子どもたちが児童労働に追い込まれると予想されています。

実際、貧困が1パーセント増加すると、児童労働が少なくとも0.7パーセント増加するということが推定されています。アフリカ大陸全体の経済的状況は、アフリカの家族、雇用主、労働者にとって大きな懸念事項になり得るということです。

このオンラインイベントの中で、セネガルの児童労働活動家の女性は自らの体験についてこのように語っています。「私は7歳の時から働いていて、学校に行ったことがなく、13歳のときに夫が選ばれました。今日、教育を受けていない子どもたちがいるということは進化のない社会が形成され続けることを意味します。児童労働は夢を破壊し、才能を抑圧し、貧困を増大させます。」

そしてさらに、より明るい未来のために地域社会での児童労働に取り組む努力を加速させるよう関係者に呼びかけました。

関連記事(1)には、この3時間のオンラインイベントのアーカイブ動画を載せています。もし関心があれば動画も併せてご覧ください。

関連・参考記事:

  1. The regional launch of the International Year for the Elimination of Child Labour in Africa – Link
  2. コラム – Vol. 5: SDGsからみるアフリカの経済成長 – ディーセントワークの視点 – Link
  3. アフリカ教育現場のコロナにおける影響【面白記事 Vol. 62: 2020年6月18日配信】- Link


ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す