日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの1人です。Pick-Up!アフリカでは主に、アフリカの文化、医療保健衛生、ジェンダーなどを担当します!

コンゴ民主共和国、東アフリカ共同体への加盟

DR Congo joining the East African Community

記事リンク:

DR Congo joining the East African Community (independent.co.ug)

本日は、アフリカにおける地域共同体の話題をお伝えします。


内容と背景:

記事の内容をご紹介する前に、EACThe East African Community東アフリカ共同体)とコンゴ民主共和国(Democratic Republic of the Congo:DRC)(以下コンゴと表記)について簡単にご説明します。

EACとは、アフリカ大陸東部に位置するブルンジ、ケニア、ルワンダ、南スーダン、タンザニア、ウガンダの6か国からなる地域機構です。地域経済共同体として、同地域内の人々の生活の質を向上させるため、地域間の経済的、政治的、社会的、文化的な統合を広め深化することを目的に設立されました。EACが発表した「East African Community Facts and Figures」の2019年度版によると、2017年から2018年にかけてのGDPが6.5%伸びるなど、EACでの経済は着実に成長しています。

コンゴは、EAC加盟国と国境を隣接し、2019年時点でおよそ8700万人の人口を抱える、地理的にも大きな国です。1960年にベルギーから独立して以降、幾度も内戦や紛争を経験してきました。特に東部地域では、歴史的な部族対立や天然資源を巡る武装勢力の対立などにより、1990年代初めから不安定な情勢が続いています。武装勢力が一般市民に攻撃する事態も発生しており、治安面の課題が今なお残っています。

Google Mapより

2019年よりコンゴで大統領を務めているFelix Tshisekedi氏(以下チセケディ大統領と表記)は、就任以来EAC加盟国との連携を強化してきました。

例えば、4月には経済分野や安全保障、国家防衛、海洋輸送に関する協力協定をケニアと締結しました。6月にはウガンダのムセベニ大統領と、両国で共同してインフラの設備プロジェクトを立ち上げることを話し合いました。また、ルワンダのカガメ大統領と会談し、先日発生したニイラゴンゴ火山の噴火による被害状況の確認やその他の二国間協議を行ったとされています。

このような動きは、チセケディ大統領がEACへの加盟を望んでいることによります。EACへの加盟に関して、同氏はコンゴ東部の平和と安全を確保し不安定な状況を長期的に解決するためにEACに統合する必要があり、貿易や経済が主な目的ではない旨の発言をしています。

しかし、記事によりますと、チセケディ大統領の意向とは反対に、国民の多くはコンゴのEACへの加盟に消極的な姿勢を示しているとのことです。

その理由のひとつに、コンゴの人々はコンゴの最西端にある首都キンシャサに関心を向けており、そこに移動する事をより望んでいることがあげられています。また、国を民主的な社会にしたいと考えている人が多いことも大きな理由としてあるようです。そのような思いに対して、EACの加盟国で国境を接しているルワンダとブルンジとウガンダの3か国は比較的独裁的な性質を持っていると考えられているため、EACに参加することは国民にとってはそこまで理想的なものではないようです。

また、外部の機関の人のなかには、コンゴ国内の貧困や感染症の蔓延状態、インフラの不十分さを指摘したうえで、EACに加盟するための条件を満たしていないとして、同国の加盟を否定的にみている人もいます。

これらのネガティブな意見に対し、EACの加盟によってEACとコンゴ両方にメリットがもたらされることを強調する声も一方ではあります。

例えば、地域機構側のメリットとして、人口と面積共に大きなコンゴが加入することで、市場参入人口の増大と、インド洋から大西洋まで市場が地理的に広げられることで、市場規模が格段に拡大されます。また、貿易や安全保障の面でも大きなチャンスをもたらすと期待されています。こうしてEACのGDPは現在の1,460億ドルから1,830億ドルへと拡大するという推測もなされています。

コンゴ側も、航空機のエンジンなどを製造するために不可欠なコルタンという物質を外部に売り出すことが容易になり経済的利益を得られ、また、国内産業に必要な原材料へのより広大で簡単なアクセスが可能になります。

以上、地域機構に加入することで経済、政治、外交、防衛などの点で多くのメリットがあり、チセケディ大統領が加入に向けて活動する中で、EACに対して積極的ではない国民も多くいるという現状をお伝えしました。今後、大統領はそのまま加盟への動きを進めていくのか、国民の意向はどれだけ反映されるのか、加盟国との関係性はどのように変化していくのか、情勢の変化に着目していきたいと思います。

Pick-Up! アフリカでは、AfCFTAの動向も随時お伝えしております。関心のある方は、ぜひご覧ください!

参考・関連記事

  1. Overview of EAC – Link
  2. コンゴ民主共和国基礎データ(外務省) – Link
  3. Africa Business in Brief – Link
  4. アフリカの経済発展に必要なのは?支援?貿易?研究分野は?【面白記事 Vol. 109(2020年8月15日)】 – Link
  5. 西アフリカ地域の経済促進を目指すUSAIDによるイニシアチブをご紹介!【Pick-Up! アフリカ Vol. 11(投稿:2020年10月16日)】 – Link
  6. AfCFTAの進捗は?【Pick-Up! アフリカ Vol. 165:2021年5月17日配信】 – Link

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す