日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!


こんばんは。

本日はアフリカのパラリンピックに関連する前回の記事の続報をピックアップしました。

国際パラリンピック委員会(以下、IPC)がサハラ以南のアフリカの国々を対象に、東京2020パラリンピックの無料放送を提供することを発表したようです。

パラスポーツを通じてアフリカの障害者への差別をなくし、インクルーシブな社会を目指すこの取り組みの内容をぜひ、読んでみてください!


記事:IPCがサハラ以南のアフリカに東京2020パラリンピックの無料放送を提供

IPC to provide free-to-air coverage of Tokyo 2020 Paralympic Games in Sub-Saharan Africa

記事リンク:http://aroundtherings.com/site/A__101765/Title__IPC-to-provide-free-to-air-coverage-of-Tokyo-2020-Paralympic-Games-in-Sub-Saharan-Africa/292/Articles

内容と背景:

前回、更新したこちらの記事では、(アフリカ:パラリンピック委員会、協働プロジェクトで社会を変える!【Pick-Up! アフリカ Vol. 46(投稿:2020年11月26日)】

サハラ以南のアフリカ地域のパラアスリートを支援する協同イニシアチブについて取り上げていました。

そこで、今回の続報にあたるこちらの記事では、そのイニシアチブの中の具体的な取り組みのひとつして、これまで大会の限られた報道しか放送されていなかった地域での報道を最大化するために、東京2020の放送権料を免除することに決定したということです。

地域全体への無料放送というのは、初めての取り組みということですが、この事業は、IPCに変わってTV Media Sport(TVMS)が実働し、現在では24カ国を対象に、推定で1億5000万人以上のリーチを見込んでいます。

(対象国:ベナン・ボツワナ・ブルキナファソ・ブルンジ・カーボベルデ・カメルーン・コートジボワール・コンゴ民主共和国・エスワティニ・ガーナ・ケニア・レソト・マラウイ・マリ・モーリシャス・モザンビーク・ナミビア・ナイジェリア・セネガル・セイシェル・シエラレオネ・タンザニア・トーゴ・ウガンダ)

対象国には開会式と閉会式の様子が無料で放送され、2021年8月24日と9月5日に生放送で、英語・フランス語・ポルトガル語でアフリカを中心としたコンテンツの52分間のゲームハイライトショーが配信されるということです。

今回の2020年の放送は、IPCとUKAidによって資金提供される予定ですが、この記事によると、IPCはこのイニシアチブが、パリ2024のサハラ以南のアフリカへの放送に関与する商業パートナーの触媒になることを期待しているということが言及されています。

前回、このIPCのイニシアチブについての記事では、具体的な内容についてあまり明記はされていませんでした。しかし続報に当たる今回の記事では、アフリカ大陸全体で障害者スポーツに関する認識を高めるために、このように放送権限を無料にすることで、より多くの人々にパラリンピックの様子を見てもらうというプロジェクトの内容が明確に記されていることで、このプロジェクトの意図が伝わってきました。

元々このイニシアチブの目的はアフリカの障害者への悪いイメージや差別をなくし、パラスポーツを通じてインクルーシブな社会を作ることでした。

今回ピックアップしたこちらの記事の中でも、IPCのアン​​ドリュー・パーソンズ会長は、

パラリンピックを見て、障害のある人が何ができるかを直接見ることで、障害に付随するスティグマや差別をなくすことができるだろうということを述べています。

障害のある人の人権を無視し、差別をすることはもちろん許されざることです。しかし一方で障害のある人を支援の対象としてのみとして捉え、相対する姿勢にも同様に疑念を抱きます。

この記事でも書かれている通り、アフリカではさらにその理解が進んでいないという文脈において、パラスポーツをどんどん配信し、彼らはなんでも出来る!という事実を見える化することで得られる効果はたくさんあるように感じました。

引き続き、アフリカのパラリンピックやアフリカの障害者の現状に関する記事をチェックしていきたいと思います。

関連・参考文献

  1. アフリカ:パラリンピック委員会、協働プロジェクトで社会を変える!【Pick-Up! アフリカ Vol. 46(投稿:2020年11月26日)】 –Link


ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す