日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!


本日は、アフリカのコロナウイルスのワクチン接種に関する最新の情報をご紹介します。

アフリカ連合(AU)は、3年間で大陸の人口の60%をカバーすることを目標に、アストラゼネカのコロナワクチンをさらに4億回分確保したと発表しました。

コストとインフラの観点から、アフリカにとって親和性の高いワクチンはどの会社のものなのか。また、タンザニア大統領のコロナウイルスを軽視する発言など、「アフリカコロナ禍の今」についてまとめています。

ぜひご覧ください!


アフリカはさらに4億回のCOVID-19ワクチン接種を確保

Africa secures 400 million more COVID-19 vaccine doses

記事リンク:https://furtherafrica.com/2021/01/29/africa-secures-400-million-more-covid-19-vaccine-doses/

内容と背景

以前「アフリカのコロナの今は?【Pick-Up! アフリカ Vol. 80:2021年1月14日配信】」の記事でも、コロナウイルスのワクチンに関する情報をお伝えしていました。

その記事で、アフリカ各国にワクチンを行き渡らせるためには、冷凍・製造保存するためのインフラや輸送のためのサプライチェーンが課題であると言及されていました。

実際に、ワクチン導入に際して必要とされる事前準備の程度として、WHOは80%の準備度合いが一つの基準と公表している一方で、アフリカではほとんどの国が平均30%程度しか準備が整っていないことが問題視されていました。

今回の記事では、アフリカは新たに4億回分のアストラゼネカのワクチンを確保したということが述べられています。

アストラゼネカのワクチンは、他のファイザーなどのワクチンとは異なり、超低温で保管する必要がなく、さらに安価であるため、アフリカの医療システムに最適なワクチンの一つであると言われています。

代表的な3つのワクチン(アストラゼネカ・ファイザー・モデルナ)のなかで、低所得国に配布しやすいものについてまとめられている記事(2)では、ファイザーやモデルナは、容量あたりの価格が非常に高いため、低中所得国へのアクセスが確実に制限されると述べられていました。

一方で、アストラゼネカのワクチンは、低価格であると示されています。

そこで、関連記事(2)では、このワクチンを世界南部のより多くの製造業者にライセンス供与することにより、生産を拡大することが必要であると述べられていました。

また、今回ご紹介している記事では今回のAUの取り組みとは別に、アフリカ大陸は今年、WHOが共同で主導するCOVAXを通じて、約6億回のワクチンを受ける予定であるということも示されています。

さらに民間でも、アフリカの主要な携帯会社のMTNグループが医療従事者に対し、700万回のワクチン接種を保証する2500万米ドルの寄付を行なったと報じられています。(3)

アフリカ保健当局はワクチン接種の概ねの達成率に関して、今年はアフリカ大陸内の人口約30〜35%、2〜3年で60%を超える接種数を目標としているということです。

そのために各国政府はワクチンメーカーとの供給契約の締結を行い、アフリカでは官民連携で確保が進められているようです。また、COVAXには170カ国以上が加盟し、経済力に左右されない公平な供給体制で「ワクチン格差」の是正が目指されています。(4)

ちなみに、この記事ではワクチンの接種に関して、昨今話題になっているタンザニアの大統領の発言についても取り上げて問題視しています。
タンザニア政府は、コロナウイルスは国内に脅威をもたらすものではないとし、感染対策に講じることを拒否し続けているようです。この記事によると、タンザニア政府は国が509件の症例と21人の死亡を公表した昨年5月8日以降、データの公表を行なっておらず、ワクチン自体がアフリカから金銭を吸い取る外国の陰謀であると述べていることについて触れています。そこでWHOはタンザニア政府に対し、ワクチン接種体制を準備し、データを共有するよう促したということです。

経済力やインフラ環境、政府の方針など、様々な国でコロナウイルスへの適切な対応が迫られています。状況に左右されず、人々の命を守るため全ての国々に、ワクチンが公正に行き渡ることを願っています。

引き続きPick up!アフリカでは、最新情報をお届けしていきます。

関連・参考記事:

  1. アフリカのコロナの今は?【Pick-Up! アフリカ Vol. 80:2021年1月14日配信】- Link
  2. Which COVID-19 Vaccine Could Reach Developing Countries First? – Link
  3. MTN Group donates US$25M for 7 million vaccine doses for health workers – Link
  4. チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は – Link

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す