日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!


本日は南アフリカのケープタウン大学から、最新の水の調査研究データ結果について書かれた記事をご紹介します。
水と衛生の分野にも大きく影響する「新型コロナウイルスによる経済的な影響」や、「国内のデータ収集方法」について分野横断的な話題に触れています。

ぜひ、関連記事も合わせてお読みください!


南ア、2030年までに国連の水に関するSDGを達成する可能性は低い

SA unlikely to achieve UN’s SDG for water by 2030

記事リンク:https://www.news.uct.ac.za/article/-2021-03-24-sa-will-miss-uns-sdg-for-water-by-2030 

内容と背景:

本日ピックアップした記事によると、南アフリカがSDGsの達成について、目標6の「安全な水と衛生」の達成が不可能であるという見通しを示しているということについて示されています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟国193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた共通目標です。目標とされた2030年までに残り10年を切ったことからも、各国の貢献度についてより一層の努力が必要と認識されています。

そんな中、南アフリカは2019年にSDGsカントリーレポートを作成し、SDGsの目標を達成するために行うべきことの確認を行いました。数多くの政策とプログラムに焦点を当て、それぞれの目標に対する開発上の課題を特定したところ、目標6の「水と衛生」分野の定められた目標を達成することは難しいであろう、という見解になったということです。

記事にはその理由と原因について下記のように説明されていました。

❶乏しい経済成長

❷水の供給不足

❸不十分な監視とデータ

❹汚染の増加

❺水質の管理

❻水質汚染

経済的な影響

新型コロナウイルスによる経済的な影響により、SDGsへのコミットが当初想定されていたものよりも厳しい状況になってきています。実際に水環境を整えるためには、必要な機材を導入したりそれを整備したりする技術や資金が必要となってきます。

以前ご紹介したこちらの記事(アフリカのインフラギャップを縮めるために!【Pick-Up! アフリカ Vol. 133:2021年3月21日配信】)では、アフリカ諸国ではインフラ投資が少ないため、各国が資金を拠出してインフラ環境を構築するための基金を立ち上げるという内容が書かれていました。アフリカで着手されているインフラ関連のプロジェクトのうち、80%は予備調査、あるいはビジネスプランの確率段階で頓挫してしまい、次のファイナンスまで行きつかないということが課題視されているようです。

不十分なデータ

また、このレポートの中では、農村地などの地域の情報を集め切ることができなかったということについても言及されています。❸でも言及されているように、コミットメントの指標を測るデータを充分に集めきれていないというところが問題になっていることが理解できます。

以前投稿したこちらのコラム(コラム – Vol. 4: アフリカの宇宙・衛星分野への取り組み)では、ナイジェリアの消費者調査(国勢調査のようなもの)の例が挙げられています。
3〜5年に1回発表を予定されていた消費者調査も、最初の発表から次号を発表するまでに10年もの歳月がかかったようです。その理由の一つとしては、「聞き取り調査」として各家庭を回る情報収集の方法が取られていたということが述べられています。実際には全員の家庭を回り切ることは不可能で、2億人4000万世帯の人口のうち、約2万世帯にとどまったということも書かれていました。
そこでこのコラムでは、必要な時に必要な情報を得られるシステムとして、人工衛星が期待されているということについて言及されています。南アフリカもデータの不足を補うために、何かしらイノベーティブな形で情報を得られる方法を見つけていくことを視野に入れる必要があるのかもしれません。


さて、この記事では最後に、SDGsの目標を達成するためには、国全体として取り組まなければならないということが強調して言及されています。国家水道当局だけで、国全体の水道や衛生に関してを統括することはできず、コミュニティの中でも導入した機材の整備ができるような環境を整えるなど、官民が連携したパートナーシップを築くことが最も大切であると書かれていました。

アフリカ全体のSDGsについては、以前目標8の「ディーセントワーク」について詳しく示したコラムを更新しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

関連・参考記事:

  1. University Of Cape Town: SA Unlikely To Achieve UN’s SDG For Water By 2030 – Link
  2. SDGsに取り組む国連機関の日本での取り組み、UNOPS GIC Japanとは?【Pick-Up! アフリカ Vol. 56 :2020年12月9日配信】- Link
  3. SDGsを漫画で紹介するルワンダからの取り組み!(動画あり)他、Covid-19関連の話題【面白記事 Vol. 49: 2020年6月2日配信】- Link
  4. アフリカ大陸、ヘルスケア分野の持続可能性指数を発表【Pick-Up! アフリカ Vol. 134:2021年3月22日配信】- Link


ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。


コメントを残す