日本ルワンダビジネスコミュニティ(JRBC)運営メンバーの一人です。Pick-Up!アフリカでは主に、教育・社会福祉・ヘルスケアなどなどを担当させていただきます!

記事:社会規範と貧弱なサービスが東アフリカの医療部門のささいな汚職・腐敗を引き起こす

Social norms and poor services drive petty corruption in East Africa’s health sector

記事リンク:https://theconversation.com/social-norms-and-poor-services-drive-petty-corruption-in-east-africas-health-sector-145792

内容と背景:

本日は、東アフリカの「保険医療サービスと汚職の関係」について言及されている記事をピックアップしました。

東アフリカでは、一部の国の保健医療サービスにおける広範な汚職が懸念されています。

今回の記事では、ウガンダ・タンザニア・ルワンダを調査対象国とし、それぞれの地域でリサーチされた「保険医療サービスと汚職の関係」について得られた結果について詳しく述べられています。

まず、この記事の内容に関連する情報としては「アフリカ地域の医療に当てる国家予算」の観点と、「アフリカの汚職」についての観点であると考えられます。

「アフリカ地域の医療に当てる国家予算」に関しては、過去にこちらの記事(アフリカの医療課題解決のための官民連携【面白記事 Vol. 61(2020年6月17日配信)】)でご紹介したように、アフリカ大陸ではミレニアム宣言を通して、年間の国内予算の15%をヘルス分野に充てることが約束されましたが、WHOの調査によると、ボツワナ・ルワンダ・タンザニア・ザンビアのみしかこの目標を達成できていないという報告がありました。

今回のCOVID-19パンデミックの影響により、アフリカの政府が医療に当てる国家予算の増額を後押しするのではと期待されている一方で、万人のための医療として位置付けられるユニバーサルヘルスケアカバレッジ(UHC)の確立には至っておらず、誰もが簡単に医療にアクセスできるわけではないという現状があります。

今回の記事では、ウガンダとタンザニアで横行されている汚職の中で、医療サービス分野が国内で最も賄賂が発生しやすい機関であると言及されています。ウガンダ・タンザニア・ルワンダは国境を接している地域同士であり、いずれにも汚職防止法と制度があるにも関わらず、その結果は大きく異なるという観点に着目しています。

そこでこの調査では「社会規範と共通概念」が汚職に拍車をかけているということを結論づけました。

文化的に人々はお互いに助けあったり、恩恵を受け渡したりすることが慣習化しており、多くの人は汚職や腐敗が当然であるという認識をしているということが示唆されているためと考えられています。

この記事の調査によると、医療サービスに簡単にアクセスすることのできないタンザニアやウガンダでは、医療現場における賄賂や腐敗が医療提供者の周りで永続的に行われているということが示唆されています。

一方で、この調査ではタンザニア・ウガンダとは反対に、東アフリカの贈収賄の要求・申し出が最も低いのがルワンダの保険医療サービス分野であると言及されています。

その理由は、質の高い医療サービスにアクセスするために特別な繋がりやお金を必要としないということが一因であると述べています。実際にルワンダでは、国民健康保険の適用範囲の拡大に尽力していて、国民の92%が国の健康保険制度の対象となっているなど、誰もが医療にアクセスしやすい環境が整っています(ルワンダ、ヘルスケア部門からのニュース(健康保険の適用範囲拡大に尽力、他1件)。

次に「アフリカの汚職」という観点において、 ルワンダは2019年にアフリカで最も汚職が少ない国であると認定されました。その理由としては様々な要因が考えられますが、警察をはじめとした国々の機関で特に厳しく汚職が取り締まられていることなどが考えられます。

汚職や腐敗は文化的な背景や、お互いが助け合うことが当然であるとする共通概念から起因するものであるということも理解できますが、それだけではなく、そもそもの国の医療体制に人々が正式にアクセスできるのかというところが要であるということ感じました。

悪意を持って人々は汚職に手を染めるのではなく、必要に迫られて、親族や家族に求められ、その結果、保険医療サービス分野で贈収賄の要求や申し出が起こってしまうということです。

まずは汚職の根絶を目指すだけでなく、その根底に課題として存在する保険医療サービスにおいて、誰もが安定的に医療にアクセスできるような安定した仕組み作りが促進されていくことを願っています。

関連・参考文献:

  1. An Africa success story: Anti-corruption efforts in Rwanda produce results – Link
  2. アフリカの医療課題解決のための官民連携【面白記事 Vol. 61(2020年6月17日配信)】- Link
  3. ルワンダ、ヘルスケア部門からのニュース(健康保険の適用範囲拡大に尽力、他1件)- Link

コメントを残す