水曜日→「テクノロジー」、「イノベーション」、「スタートアップ」。 土曜日→「ビジネス環境」、「地域経済」。 それぞれを取り巻く環境に関連する記事を担当。 Twitter: @samuelima18

皆さん、こんばんは!

スタートアップやイノベーション、テクノロジーなどのエコシステムに関する情報をお伝えする水曜日です。

これまで土曜日の方ではお伝えしてきました、AfCFTAを今日はスタートアップという観点からお届けします。

アフリカ大陸内での貿易の活発化、それを通した製造業などへの取り組み、そしてアフリカのビジネスを支える中小企業のサポートなど、さまざまな恩恵が見込まれていますが、今日はその中でもスタートアップに対してこの取り組みがどのような恩恵をもたらすのかをみていきたいと思います。

お楽しみください!


AfCFTAはどのようにアフリカのスタートアップや政策制定に影響を及ぼすのでしょうか

英題:How Africa’s AfCFTA agreement will impact startups and policymakers

記事リンク:https://techpoint.africa/2021/01/01/afcfta-startups-policymakers/?utm_source=mailster&utm_medium=email&utm_campaign=techpoint%20africa%20newsletter

内容と背景:

AfCFTAを簡単に説明すると、現在約16%と低い域内貿易の割合(貿易全体に占めるアフリカ諸国同士の貿易の割合)から、アフリカが他大陸との貿易に依存していることがわかります。域内の貿易を活発化させることで、この割合を高め、諸産業の発展に繋げようとするものです。アフリカには54カ国もあるためそれぞれの国での貿易や商業に関する政策がとても違うのですが、このAfCFTAを実現するためには、関税政策をはじめとし、貿易に関わる政策を完全ではなくとも、共通理解の元のものにしなければいけないのです。現在はその歩調を合わせるための調整が行われているといえます。

今回ご紹介する記事では前半部分ではそもそものAfCFTAに関して説明がなされています。どんなものなのかから始まり、どんな課題を解決しようとしているのか、詳細的に直面しそうな課題、そしてこの記事の主題でもある、スタートアップに対する恩恵を見ています。

さて、スタートアップに関する箇所では、AfCFTAのインプリメンテーションによって、投資に関する政策などもにたものになることから、アフリカに対する外国直接投資の増加も見込めるのではないかと書くと同時に、その中でスタートアップ界をその投資先・対象とすることも増えるのではないかとしています。

今回の記事で様々な意見や見解を共有している識者は、技術系の会社が多いだけに、AfCFTAのインプリメンテーションのために行われている政策的な調整の中で、特にお金の動きの中で現在生じている煩わしさなどを解決する政策の実施が鍵になってくると話しています。ここには、テクノロジーやそれを元となるソリューションを提供している企業にとって、国境があまり関係ないことから、彼らのサービスを受けた人たちがスムーズに支払いなどができる状態を作り出すことが重要なことからこのような見解を共有しています。

そして、決済ソリューションなどのサービスを提供しているスタートアップ、PaystackやFlutterwaveなどの事例を挙げ、彼らの存在で、これまでの銀行中心の同市場に大きな変化をもたらすだろうとしています。

そして、このAfCFTAがとても長期的な取り組みであることから、政策が作られた後、それらを活用するインフラの整備が必要となってくること、さらには、様々なデータを集めるハブやそれを生かす方法を提供することなどがスタートアップのソリューションが生きるところであると同時に、それらのソリューションや、さらにイノベーティブなソリューションを提供するスタートアップの受け得る恩恵があるのではないかとも話しています。

また、昨年末にはスタートアップへのビジネス機会提供を目的としたイノベーションチャレンジ(AfCFTA Vision Challenge)をAfCFTAとして行なったなど、アフリカ全体としてもスタートアップの成長を助けられる環境づくりも期待されています。昨年のものは、金融ソリューションを対象としていたこともあり、実際に上記で語られている可能性が早速見られたのではないかと思います。

各国でスタートアップ法の制定なども進んでいることもあり、各国の取り組みだけでなく、アフリカ全体での取り組みを通してさらにスタートアップ企業も恩恵を受けられるのか楽しみなものです。引き続き情報などをお届けしていきます。


関連記事:

  1. 2020年のアフリカのスタートアップ界隈の話題は?【Pick-Up! アフリカ Vol. 74:2021年1月6日配信】Link 
  2. African startups can secure development funding through AfCFTA Vision ChallengeLink 

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。

コメントを残す