Pick-Up! アフリカ運営メンバー。主に物流や貿易、農業セクターに関連した話題をご紹介しています。

みなさま、こんばんは!

米大統領選にて歴史的な大接戦の末、民主党のジョー・バイデン氏が得票数にて共和党のドナルド・トランプ氏を上回り、次期大統領に当確したというニュースはみなさんご存知かと思いますが、本日はバイデン政権の誕生がアフリカにもたらすものについて書かれたタイムリーな記事をご紹介いたします。

ぜひご一読ください!


記事:「バイデン政権の誕生はアフリカにとって何を意味しているのか」

「What the Biden presidency would mean for Africa」

記事リンク:

https://www.newtimes.co.rw/news/what-biden-presidency-would-mean-africa

内容と背景:

米大統領選にて歴史的な大接戦の末、民主党のジョー・バイデン氏が得票数にて共和党のドナルド・トランプ氏を上回り、次期大統領に当確したというニュースはみなさんご存知かと思いますが、本日はバイデン政権の誕生がアフリカにもたらすものについて書かれたタイムリーな記事をご紹介いたします。

記事ではまずはじめにバイデン氏が選出されるに至った理由として、トランプ政権の実施した対コロナ政策の失敗や、トランプ政権下で不況に陥った経済、またトランプ政権下で発生した人種間の緊張に対する反動を挙げています。

次に、アトランタ世界問題評議会のチャールズ・シャピロ大使が今年10月の記者会見にて、外交政策はアメリカの選挙運動には含まれないと語った言葉を引用しながらも、アメリカとアフリカは貿易、軍事、また人道面にて緊密な関係を持っているとし、来年1月に誕生が予測されているバイデン政権がアフリカ大陸にとって何を意味するのかに関して解説しています。

まず記事では、アメリカは医療や教育、ビジネス、また貿易等のセクターにてアフリカと深く関わっており、多国間パートナーシップを推進する民主党に属し国際協調路線を掲げるバイデン政権の誕生により、アメリカとアフリカの関係性が強まる可能性を指摘しています。トランプ政権が昨年北大西洋条約機構(NATO)への搬出金の大幅削減を要求するなど、多国間パートナーシップへの反対姿勢を示す中、アフリカ諸国はこれまでアフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)の採択を行い、域内および域外貿易の促進を目指してきました。記事ではナイロビにあるジョモケニアッタ大学のエイミ・ムヨンバノ教授の言葉を引用し、バイデン政権が来年初めに運用が予定されているAfCFTAのさらなる前進を促してくれるだろうとの見方を示しています。

一方記事では、経済学者および政策専門家であるリバン・ムガボ氏が、アメリカ大統領であるバイデン氏が優先するのはもちろん自国の利益であると述べた言葉を引用し、アフリカがAfCFTAを前進させるために必要なのは、大陸への投資を集めるためにアメリカの民間企業を惹きつける財政政策の見直しであるとの見解も示しています。ムガボ氏はバイデン政権によるAfCFTAのさらなる前進への期待は薄いとの見解を示しながらも、バイデン氏がトランプ政権の離脱した気候変動抑制に向けた国際的枠組みであるパリ協定への参加復帰を表明していることに触れ、バイデン政権の誕生はアフリカにて医療や気候変動分野での取り組みの中で利益をもたらしてくれるだろうとも述べています。

最後の段落では、まずアメリカはこれまで対外アプローチの中で、ビジネスではなく人道組織を通じてアフリカを搾取し、自己利益を追求してきたとの批評家からの一般的な見解に触れています。その上で、アフリカがアメリカから必要としているのは人道組織などの慈善活動ではなく、貿易やビジネスに基づく関係性であるとの、政治アナリストであるロンゼン・ルギラ氏の言葉を紹介し、アフリカ諸国との国際貿易促進に向けたバイデン政権の取り組みに期待が示されています。実際に2000年には、アフリカ諸国が特に繊維製品について米国と免税で取引を行うためのスキームであるアフリカ成長機会法(AGOA)が採択されていますが、地元の繊維産業促進を目的として実施された東アフリカ諸国による古着の関税引き上げへの対抗措置として、2018年にトランプ政権下でルワンダが対象国から除外されており、バイデン政権下にてルワンダが対象国に復帰することができるのか、注目されます。

トランプ政権下にて表明されていたWHOからの脱退を撤回する意向をすでに表明するなど、国際協調路線を掲げるバイデン政権が、AfCFTAの前進や、大陸内での医療セクターおよび気候変動に関する取り組みに寄与するのか、今後の動向に注目したいところです。タイムリーな話題だけに、今後も様々な視点からアフリカにおける米大統領選の意味に関してお伝えしていきたいと思います。

関連記事:

  1. 「アメリカはAfCFTAをどう捉えているのか?〔AfCFTAと他大陸地域 其の一〕(Pick-Up! アフリカ Vol. 30)」-Link
  2. 「Africa waits on US change at the top」Link
  3. 「Africa: A Biden Presidency – Here Is What It Means for Kenya and Africa」Link
  4. 「Kagame congratulates US President-elect Biden」Link

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。

コメントを残す