Twitter: @samuelima18

皆さん、こんばんは!

スタートアップやイノベーションに関してお伝えする水曜日です。

今日はここ10年間の西アフリカのスタートアップに関するレポートが発行されましたので、そちらを共有します。

年末になりますと様々なレポートが発表されるのですが、今回のは日本語でも読めるようです。

有料(今だけ半額でアクセスできるかも?)ですが、ご興味をお持ちの皆様是非アクセスしてみてください!

ではお楽しみください!


西アフリカスタートアップの10年レポート:アントレプレナーシップとイノベーションの物語

英題:West African Startup Decade Report: A story of entrepreneurship and innovation

記事リンク:https://about.crunchbase.com/blog/west-african-startup-decade-report-a-story-of-entrepreneurship-and-innovation/

内容と背景:

アフリカのスタートアップシーンの中心といえば、東西南北でそれぞれ、ケニア、ナイジェリア、南アフリカ、エジプトの名が上がってくる。今日はその中でも西アフリカのスタートアップシーンのレポートが発表されたという少し前のニュースをお届けします。

アフリカのスタートアップ関連の情報を扱っているTechpoint Africa社は、2018年のナイジェリアのスタートアップ環境を扱ったレポートの発行に続き、今回は西アフリカ全体のスタートアップシーンの10年間(2009年〜2019年)を扱ったレポートを発表しました。750ドルと有料のレポートではありますが、彼らの会社の中には実際にテック分野で活動してきた人たちがいたことから、今回のレポーオを発行するに至ったと、同社の代表は話します。

レポートの中身は、西アフリカのスタートアップ環境に加え、投資額などに関するファイナンスへのアクセス具合を示した情報、そしてさらにはそれらを産業別に行い、スタータップの成長過程でアクセラレータープルグラムなどを活用したかどうかなどもその比較対象とし、包括的に、スタートアップの状況だけでなく、彼らがどのように成長し、どのようにファイナンスにアクセスしてきたかまで網羅しているようです。事業から見た情報だけでなく、創業者などのプロフィールなども載せているらしく、一つのドゥーデリジェンスのための資料としても使えそうです。

また、可能性のある分野などもハイライトすることで、今後参入の機会がありそうなスタートアップ分野を共有しているようです。

そして、何よりも!いつもは英語読まなければいけないこの手のレポートが今回は日本語でも読めるようです!!!!!

日本企業のアフリカのスタートアップシーンへの進出の高まりからこのような措置を取ったのではないでしょうか?

いつまでかはわかりませんが、本記事最後にはアクセスコードが共有されており、それを活用することで、50%オフで同レポートが手に入るようですので、欲しい人はすぐにでも!

関連記事にはいくつかのスタートアップ関連のレポートへのリンクを共有していますので、ご興味をお持ちの方は是非アクセスしてみてください。

.

関連記事:

  1. 記事1:『AFRICA NOW HAS 643 TECH HUBS WHICH PLAY “PIVOTAL” ROLE FOR BUSINESS』面白記事 Vol. 9」 – Link
  2. 「AfriLabs and Djembe Consultants Unveil Report on Building a Resilient Innovative Africa」Link
  3. 「アフリカのスタートアップ環境、本当はどうなの?【面白記事 Vol. 58:2020年6月13日配信】」Link
  4. 「記事9:『THE BETTER AFRICA REPORT: FIVE OUT OF EVERY TEN STARTUPS FAILED IN AFRICA IN THE LAST TEN YEARS』面白記事 Vol. 15」 Link
  5. 「レポートが待ちきれない!アフリカスタートアップへの投資最新情報《アフリカのスタートアップへの投資の現状と傾向 其の5》【面白記事 v.136 (投稿:2020年9月16日)】」Link

ご相談・お問い合わせ

アフリカ・ルワンダへのビジネス進出をご検討の際は、当サイトの運営に関わっているレックスバート・コミュニケーションズ株式会社までご相談・お問い合わせください。

コメントを残す